男性

集めに集めた薄毛対策法を伝授~育毛の最高峰~

メリットと副作用

プロペシアにはメリットだけでなく、デメリットとなる副作用もある

男性

薄毛の治療に大きな効果を発揮するということから、多くの方に利用されているプロペシアですが、デメリットとなる副作用もあるので、利用にあたっては注意が必要となります。それでは、そのプロペシアの副作用とはどのようなものなのかといいますと、まずはじめに精力の減退が挙げられます。20代の方であれば、まだまだ精力が旺盛なので、そうした精力の減退も感じにくいですが、30代、40代と年齢が上がるにつれ、その副作用を強く感じるようになります。そして、精力の減退の中でももっとももっとも危惧される症状が勃起力の低下です。男性ならば、誰もが避けたいと思う症状であり、特に30代以降の方で子作りがまだという方は、性行為自体に影響が出てしまう可能性もあるので気をつける必要があります。

医師に相談しての利用が賢明

そして、精力減退以外にも多くの方がプロペシアの副作用として感じているのが精巣痛です。歩けないほどの痛みではないですが、締め付けられるような痛みがあり、その痛みが気になって仕事や生活に支障をきたしてしまう場合もあります。また、中には肝機能障害を引き起こしてしまうという重篤なケースもあります。副作用としては極一部の方引き起こすレアなケースですが、肝臓になにかしらの障害や病気を抱えている方は、利用前に必ず医師に相談して、利用の可、不可を判断してもらうことが大切です。このように薄毛の治療に大きな効果を発揮するプロペシアですが、人により副作用を伴う場合もありますので、そうしたデメリットも考えた上で利用にあたるようにしましょう。